飼育係の視点からの動物紹介です
トップページ>>旭山の動物たち>>アジアすむ動物>>アムールヒョウ


分 布 図
アムール、ウスリー川流域
アムールヒョウ

学名 Panthera pardus orietalis
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
英名 Amur Leopard
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
分類 ほ乳綱ネコ目(食肉目)
ネコ科
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
サイズ 体長:90〜190cm
尾長:約100cm
体重:30〜70kg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
寿命 15〜20年
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
展示場所 もうじゅう館

 他のヒョウの亜種と比べると大型で斑点も大きいです。この斑点は、人間の目から見るとあざやかですが、動物の目で見ると白黒でしか見えないので、木の葉にに紛れて体を目立たなくさせる役割があるのです。
 アムールヒョウは現在、野生では40頭前後しか確認されていなく、国際保護動物に指定されています。
 アムールヒョウは高いところが落ち着きます。そのことから、もうじゅう館の施設には、みなさんの頭の上でくつろぐ姿が見られます。そのときには、なかなか見られない肉球を観察できます。