飼育係の視点からの動物紹介です
トップページ>>旭山の動物たち>>アジアにすむ動物>>アムールトラ


分 布 図

アムール川・ウスリー川流域
アムールトラ

学名 Panthera tigris altaica
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
英名 Amur Tiger
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
分類 ほ乳綱ネコ目(食肉目)
ネコ科
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
サイズ 体長:240〜270cm
尾長:100〜120cm
体重:100〜300kg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
寿命 15〜20年
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
展示場所 もうじゅう館

 
 アムールトラは、トラの仲間でもっとも寒い地方にすみ、もっとも大きいトラになります。このような模様が美しく、大きなアムールトラは、自然破壊のために絶滅寸前であり、現在約400頭程しか野生ではいません。近年、保護活動が進み、徐々にですが、回復傾向にあります。
 アムールトラのしま模様は、自分の体を隠すための模様です。あのきれいな模様は目立つと思われますが、実は、周りの草にまぎれてしまい、どこにいるかわからなくなります。旭山動物園でも夏になると、背の高い草が生えるので、ぜひしま模様の役割を体感してください。