飼育係の視点からの動物紹介です
トップページ>>旭山の動物たち>>アジアにすむ動物>>エゾヒグマ


分 布 図
北海道
エゾヒグマ

学名 Ursus arctos yesoensis
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
英名 Grizzly Bear
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
分類 ほ乳綱ネコ目(食肉目)クマ科
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
サイズ 頭胴長:200〜280cm
体重:100〜300kg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
寿命 約25年
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
展示場所 もうじゅう館

 エゾヒグマは現在、生息域の縮小と環境の悪化、過剰な捕殺が衰退をまねき、将来は決して明るいものではありません。エゾヒグマの存続のためには、人間側の意識の変革が必要であり、被害発生を未然に防ぐ保護管理策と生息域の保全を実施する必要があります。
 エゾヒグマは、がっしりとした四肢に長い爪、がんじょうなあごと歯をもち、人間のようにかかとを地面につけて歩く、日本最大の陸生動物です。また、木に登ることができます。メスの「とんこ」は、柵に登ったり、プールに入り、窓の所に体当たりをしたり、結構やんちゃなことをして、みなさんを驚かせています。