飼育係の視点からの動物紹介です
トップページ>>旭山の動物たち>>アジアにすむ動物>>エゾタヌキ


分 布 図

北海道
エゾタヌキ

学名 Nyctereutes procyonoides albus
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
英名 Raccoon Dog
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
分類 ほ乳綱ネコ目(食肉目)
イヌ科
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
サイズ 頭胴長:50〜60cm
体重:4〜8kg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
寿命 約10年
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
展示場所 北海道動産動物舎

 日中には巣穴で休息します。自分では巣穴を掘らず、木の根元のくぼみや、岩の割れ目などを利用します。タヌキはフンを”タメフン場”にします。この”タメフン場”は他の個体と共同で使い、お互いのコミュニケーションの場と考えられています。
 旭山動物園にも”タメフン場”があるので、どういうものかぜひ目でみてください。また、日中には穴の中にいることが多いです。そこで、穴の中の様子も観察できるようになっていますので、のぞいてみてください。かたまって休んでいる様子が見られ、タヌキと目が合うでしょう。