飼育係の視点からの動物紹介です
トップページ>>旭山の動物たち>>アメリカにすむ動物>>フンボルトペンギン


分 布 図

南アメリカの沿岸
フンボルトペンギン

学名 Spheniscus humboldti
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
英名 Humbolt penguin
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
分類 鳥綱ペンギン目ペンギン科
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
サイズ 体長:65〜70cm
体重:約4kg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
寿命 約25年
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
展示場所 ぺんぎん館

 暑さにもそこそこ耐久力があるため、日本で最も飼育数が多いペンギンです。野生種の約1割を飼育するに至っていますが、野生では絶滅危惧種に指定されています。本格的な冬の寒さにはあまり強くありません。
 一般的にトンネルを掘り巣にします。ぺんぎん館にも、そのような堀り巣があり、繁殖期になると、その中にフンボルトペンギンがいますのでご覧下さい。またフンボルトペンギンは、ペンギンの仲間としては、警戒心が強いのですが、ガラス側を歩きながら何か興味あるものをみつけながら歩いている様子が見られます。