飼育係の視点から施設を紹介します。
トップページ>>旭山のしせつ>>「きりん舎・かば館」ができるまで

新施設のカバの屋内(完成予想図)


「きりん舎・かば館」ができるまで 最終回

現在工事中である「きりん舎・かば館」の紹介をしていきます。
2012年の秋から工事が始まり、ついに
11月21日(木)オープンいたしました
今回は、セレモニーの様子や動物の紹介をしていき、最終回とさせていただきます。


オープニングセレモニーの様子
テープカットの様子
 11月21日、「きりん舎・かば館」のオープンニングセレモニーの様子です。

 あいにくの天気でしたが、来賓の方々を始め、たくさんの来園者の方々に見守られ、セレモニーを開催することができました。

 旭川市長の挨拶の後、園長の坂東のかけ声でテープカットを行い、待ちに待ったオープンを迎えることができました。


キリンのエサを食べる様子
 キリンのエサを食べている様子です(写真左)。
 
観察テラスから見たキリン
 「きりん舎」には、写真のような給餌台があり、オスが上の方を、メスが下の方の葉を食べ分ける姿が見られます。

 「きりん舎」の放飼場は、キリンの目線からの観察場所、キリンの足元からの観察場所と様々な視線からのキリンの姿を見ることができます。

 また、かば館内にはキリンの観察テラス(ガラス張り)があり、そこからは迫力あるキリンを見ることができます。


「かば館」の屋外放飼場
外のプールを泳ぐ姿
 「かば館」の外の放飼場です。

 外の放飼場は、総合動物舎と比べると、放飼場を囲うように色々な場所からカバを見ることができます。

 また、壁やプールの縁は擬岩にし、カバがすんでいる環境を再現しています。

 そして、プールは今までよりも広いプールになりました。


水中を歩くカバの「百吉」
 「かば館」の屋内放飼場です。
水面から目・鼻・耳出ています

 屋内放飼場入るとすぐに、プールの上側からカバを観察できます。

 水面から、目・鼻・耳を出して周りを見ている様子や、横からは、水中を軽やかな足取りで歩く姿を見られます。

 また、今までの総合動物舎では、カバが寝ているとほぼ姿が見られませんでしたが、「かば館」では、目をつぶって気持ちよさそうに寝ている姿も見られます。


プールの底を軽やかに歩くカバの「百吉」
 かば館内を下に降りると、カバを下から観察できる場所があります(写真右)。
下からカバを見ることもできます


 そして、そこを通り過ぎると水深3mのプールの底をカバが歩く姿や、底から上に上がる姿を見ることができます。

 体重が重いカバが、軽くジャンプをするようにあがる姿は圧巻です!

 ただし、カバが寝ている時間帯もありますので、もしカバが寝ていたら時間をずらして、ご覧になっていただきたいと思います。


喜びの記念撮影
 最後になりますが、「きりん舎・かば館」の建設にあたり、たくさんの方々に支えられ無事に完成を迎えました。

 建設が始まってから約1年。長いようで短い期間でしたが、本当に感謝を申し上げたいと思います。ありがとうございました。

 施設はこれで完成となりますが、これからが私たち飼育係の大事な仕事になっていきます。
 今まで以上にしっかりと動物の魅力を伝えていきたいと思います。

 以上で、「『きりん舎・かば館』ができるまで」を終えたいと思います。