飼育係の視点から施設を紹介します。
トップページ>>旭山のしせつ>>チンパンジーの森

窓をのぞくチンパンジー


 2006年8月にオープンした「チンパンジーの森」。
 夏期開園中は「スカイブリッジ」からチンパンジーの観察。冬期開園中は屋内でチンパンジーを観察できる施設になっています。

 屋外放飼場では、写真のようにさまざまな遊具を使って遊ぶ姿を観察することができます。チンパンジーの予想できない動きは必見です!
遊ぶチンパンジー



 屋外放飼場は、高さ16mの鉄柱があり、遊具やロープを使いチンパンジーがすんでいる森をイメージしています。

 
*冬期開園中は見られません。ご了承下さい。

   「スカイブリッジ」の上を歩くチンパンジーです(写真左)。
 チンパンジーは好奇心旺盛です。「スカイブリッジ」を歩くみなさんのことをじっくり観察していますよ(写真右)。

 「スカイブリッジ」からは、さまざまな角度からチンパンジーを観察することができるようになっています。

 
*冬期開園中は見られません。ご了承下さい。

 ちんぱんじー館を入ると左側に屋内放飼場があります。
 屋内放飼場では、ガラス一枚でしきられている施設です。今まで感じたことがない距離でチンパンジーを観察することができます。チンパンジーの細部まで観察できますよ。また、飼育係の手作り看板がたくさんあるので、チンパンジーのことがわかりますよ!
 この場所には、元飼育展示係のあべ弘士さんの描いた壁画もあります。


 *夏期開園中は4:00から展示。冬期開園中は常時展示。
 

   屋内放飼場から出口までの間に、窓がたくさんあります。その窓からは、チンパンジーを見ることができるようになっています。

 チンパンジーはみなさんの動きを見て、窓の近くに寄ってきたりもします。


 間近で観察することができるので、チンパンジー1頭1頭の顔が違うのがわかります。また、表情も豊かでおもしろいですよ。

 ここ3年間,赤ちゃんが生まれています。その様子を見るのも楽しみの一つです。