平成3年(1991)  この年は…
  雲仙普賢岳噴火
  ユーゴスラビア紛争
  湾岸戦争


動物園のできごと 平成3年のパンフレット

●マルミミゾウ「ナナ」の看病続く
●機関誌「モユク・カムイ」新装
●シロフクロウ入園(京都市動物園より)
●園内に皮膚病の犬2頭捨てられる
●アムールヒョウ,キリン,ワピチの仔誕生
●ワオキツネザル来園。原猿から類人猿までの種がそろう。

旭川市・道内のできごと

●バーサー大会,雪不足により初めての中止
●旭川市が「頭脳立地構想」の地域指定を受ける
●リンゴ台風(台風19号)による被害



入園者 46万1376人
入園料 大人 400円
飼育動物数 140種 764点

★繁殖賞受賞動物★
 アムールヒョウ(自然繁殖)
 コガモ(自然繁殖)


この年のポスターをさがしています

 このゴリラのポスターは,あまりにもよく撮れていた事から引き合いが多く,たくさんの所に配った結果,動物園に1枚も残らなかったといういわく付きのポスターです。幸いパンフレットは良好な状態で保存されていたことから,図柄は分かるのですが,どなたかこのポスターを保存されている方がおりましたらご連絡ください。



アムールヒョウ自然繁殖に成功



 この年は,ゴールデンウィークから好天が続き,近年では最も多い入園者数となりました。
 アムールヒョウの自然繁殖成功に続き,キリン,ワピチ,オセロット,エゾシカ,シンリンオオカミなど,たくさんの赤ちゃんが生まれ,親子の微笑ましい光景があちこちで見られました。
 サル山ではアカゲザルからニホンザルへの展示変更があり,サル舎にはワオキツネザルが仲間入りしました。
 その他,北海道産動物コーナーには日本各地のフクロウを集め,日本産フクロウの展示としては,旭山動物園が当時国内で一番でした。


 読み物
 モユクカムイ第25号「シベリアヒョウの誕生」
ヒストリートップページへ

トップページへ